アデニウム|砂漠の薔薇と呼ばれるコーデックスの管理法と代表的な種類

更新日:

アデニウムとは

多肉植物の中でも人気の高いコーデックス(塊根植物)

非常に多くの品種がありますが、一般的にも幅広く認知されているのがこの"アデニウム"です。
別名「砂漠の薔薇」とも呼ばれ非常に美しい花を咲かせることで有名で人気が高い品種です。しかしそのアデニウムにもさらに種類があることはご存知ですか?

今回はいろんなアデニウムを紹介していきます。

ぐー
アデニウムはコーデックスの中でも育てやすく人気の植物だよ!

 

アデニウムとは

 

科名:キョウチクトウ科

学名:Adenium obesum

原産地:東アフリカ アラビア半島 ナミビア ソコトラ島 etc

 

アデニウムは乾燥地帯が主な原産地で、どっしりとした姿が特徴的です。
砂漠などに自生するため乾燥に非常に強く、太く肥大した塊根に水分を溜め込んでいます。
インテリアプランツとしても人気が高く、コーデックスの代表格とも言えるほど街中の園芸店でも見かけます。
その人気の秘密は姿形だけではなく、ぽってりとした見た目に反して美しい花を咲かせるという特徴も持ち合わせているからなんです。

アデニウムの中でも様々な種類があるのですが、「アデニウム・オベスム」という種は別名"砂漠の薔薇"とも呼ばれるほど鮮やかで美しい花をつけます。
比較的管理しやすいのもアデニウムの特徴の1つで、初めてコーデックスを育てる方にもオススメです。

 

アデニウムの管理方法

 

アデニウムは夏型のコーデックスです。

成育期 春〜秋 

水を与えて良い時期です。土の渇きを確認しながら、あげすぎに注意して水を与えてください。

休眠期

冬は休眠期に入る為、葉を落とします。

寒さには弱いので室内の日当たりのいいところなどで管理する必要があるので、秋になって気温が落ちてきたら場所を移動しましょう。目安としては5度以下は避けます。
日光不足には注意して下さい。
1年間通して必要不可欠ですが、成育期の水やりをする時期に日光が当たらないと根腐れを起こします。そうなると、塊根部の中から腐敗してしまうため必ず日当たりの良い場所に置きましょう。

また、風通しが悪いと害虫がついたり、徒長してしまう恐れがあります。

自生地では風にも吹きさらされており、その環境が太くどっしりと膨らむフォルムを生み出しています。
サーキュレーターなどで風を送る方法もありますが、風通しが良い場所を確保できれば通常の育成には支障ありません。

 

アデニウムの種類〜代表的な4種〜

 

アデニウムの中にも多様な種類があります。その中のいくつかご紹介します。

ぐー
いろんな種類があるからね!
のっち
海外では交配も盛んらしいわよ。

 

アデニウム・オベスム

 

photo by leafy_works

 

数ある種類の中でも代表的で、別名「砂漠の薔薇」と呼ばれるのがこのアデニウム・オベスムです。
濃いピンクや赤などの、まさに砂漠の薔薇の名に相応しい鮮やかで美しい花を咲かせます。

上手に育てるとずんぐりとした力強い株になりますが、挿し木などで増やしたものはひょろひょろと細長く成長します。アデニウム特有の形に育てたい方は種から育ったもの(実生)を選ぶようにすると良いです。

 

アデニウム・アラビカム

 

photo by alsagarden

 

アデニウム・アラビカムはオベスムとよく似ていますが、オベスムが丸くなるのに対してアラビカムは末広がりに横に太くなりやすいのが特徴です。
よくオベスムと混同されるためこちらも「砂漠の薔薇」と紹介されていることがあります。

元をたどるとオベスムの亜種じゃないかという見解もあるそうですが詳しくは解明されていないようです。コーデックスはまだ未知な部分が多いんですね。

そんなアラビカムもまた美しい花を咲かせます。ピンク色の鮮やかな花で、オベスムにも負けずとも劣らない魅力があります。
一般に市販されているものの多くは、オベスムの表記があってもアラビクムであることがあるようですので特定の品種が欲しい場合は信頼できる店で確認して購入することをオススメします。

 

アデニウム・ソマレンセ

 

photo by peunghachi21181

 

ソマレンセは似た形が多いアデニウムの中でも特徴的な葉の形状をしている為、見分けやすい品種です。葉は細長い形をしておりシュッとしているため、アラビカムなどとは違った格好良さがあります。
大きくなると壺のように塊根が太くなり、葉のスマートさとのバランスが楽しめます。
アデニウムの中でも小ぶりな花を咲かせるタイプですが、ピンク色ですごく可愛いですよ!

 

アデニウム・ソコトラナム

 

 

アデニウムの中でもレアな品種がこのソコトラナム。秘境とも言われるソコトラ島にしか自生していない種で、今では島外に持ち出しが禁止されており大変貴重です。

一般に流通しているものは"タイ・ソコトラナム"という、タイで交配された品種が多く本物は小さい株でも大変高価になっています。とはいえタイ・ソコトラナムも凄くいい形をしており素晴らしいので、それはそれで魅力があります。

ソコトラナムの見分け方

葉の色:濃緑

葉脈:白くはっきりしている

葉の形状:葉先が尖る 

このような特徴があり、見分ける際の参考にして見てください。素敵なソコトラナムに出会えることを願います。

 

まとめ

 

多くの魅力を秘めたアデニウム。多肉やコーデックスのファンだけでなく、多くの人に愛される理由がわかります。

・育てやすいコーデックス

・美しい花を咲かせてくれる

・価格帯も様々でレアな品種も・・・

 

あなたも是非お気に入りのアデニウムと四季を共にして見てください。きっと新しい刺激が待っています!

ぐー
よっしゃ!早速アデニウムを育てよう。
のっち
ちょっと自生地から採取して来なさいよ。私はレアな子が欲しいわ!
ぐー
ジーザス・・・!

 

関連記事

"砂漠の薔薇"アデニウムはどこで買えるの?購入方法や販売場所などを調査

-植物図鑑・育成知識
-, , ,

Copyright© , 2018 All Rights Reserved.