【実体験】アパレル販売員が年収を上げる方法はたった3つ!転職で年収アップの実例を公開

2020年2月1日

【実体験】アパレル販売員が年収を上げる方法はたった3つ!転職で年収アップの実例を公開

 

アパレル業界で働いていると体力的なキツさや金銭的な問題で、副業を始めたり転職を考える人は非常に多いです。いくらこの世界が好きでも、これからもっと厳しくなっていくであろうアパレル業界に止まるリスクは相当なもの。

わたし
少なくとも私はこのままセレクトショップ に勤めて給料が上がって裕福になる未来が想像できなかったです

結論から言うと現在アパレル業にいる人が年収を上げる方法は

  • 今の会社で圧倒的に成果を上げる
  • アパレル→アパレル業への転職(ステップアップ)
  • アパレル→異業種へ転職

基本的にこの3通りしかありません。私は異業種へ転職することを決めその中でもベンチャー企業に入社する道を選びました。今回は私のリアルな体験をもとに大幅にアップした年収をはじめとした環境の変化を赤裸々にお伝えします。

アパレルで年収を上げるたった3つの方法

 

アパレル業界で給料を上げ生活を豊かにしていく方法は、冒頭でも触れた通り3つしかなくて

アパレル業界の年収アップ

  1. 今の会社で圧倒的に成果を上げる
  2. アパレル→アパレル業への転職(ステップアップ)
  3. アパレル→異業種へ転職

今の会社にいてもほとんど給料が上がらない方は多いはず。それどころか頑張って出世したところで給料はほとんど上がらないし、それどころか出世することで責任と職務だけが重くなり、時間換算すると損してしまう。そう感じている方は少なくないはずです。

それどころかアパレル企業のような大規模な組織になると、出世して座れるイスは競争率も高く壮絶な奪い合いで、よほどの愛社精神がなければ低賃金のまま長く勤め上げるのは相当なものだと思います。

現代〜これからの日本における働き方やキャリアアップの成功例として、転職によりステップアップしていくという働き方が注目されています。自身のキャリアを見直し次のステージに進むためのフットワークの軽さと、一歩踏み出す勇気がこれからは試される時代になっていきますね。

この本の著者は、32歳で転職6回・年収1500万を超えるほどまで圧倒的なスピードでキャリアアップに成功してきました。そこに副業(この本の執筆など)が加わっていますので、相当な額の収入になっているでしょう。

他の人には真似できないほどの圧倒的な成果をだせる人でなければ、在籍しているアパレル企業で高給取りになることは難しいのが現実です。それよりも今のアパレルでの経験を活かしてキャリアアップをしながら年収を上げていくことが重要になります。

わたし
転職には勇気が入りますが、世の中の大企業が中途採用を強化しているように、転職に対するイメージはネガティブではなくポジティブなものに変わってきています

 

アパレルから転職して年収を上げる方法|転職エージェントの上手な使い方

 

アパレルエージェント

 

アパレルから年収を上げるための転職をする選択肢は、大きく分けて2つに分けられます。

  • アパレル→アパレル業への転職(ステップアップ)
  • アパレル→異業種へ転職

どちらを選ぶにしても、早い段階で転職に対する情報を仕入れて準備しておくということが需要です。私も退職するまで半年以上前から情報をとるようにし、転職準備を進めてきました。

 

アパレルからの転職準備は専門エージェントで最新情報をキャッチ

 

転職準備は至ってシンプルで、転職エージェントを使うことです。当然ですが全部無料です。

【実用済】おすすめ転職エージェント

アパレルからアパレル➡︎クリーデンス > 公式HPはこちら

アパレルから異業種➡︎リクルートエージェント >公式HPはこちら

どちらにも対応➡︎ビズリーチ >公式HPはこちら

アパレル業界と異業種どちらの選択肢にも対応できるように、そしてクローズドな案件を逃さないようにという意味で、複数のエージェントを使いました。横の比較をしていくことで選択肢がグッと増えますので、1つのエージェントに固執する必要はありません。それぞれに特徴や強みがあるので、使い分けることで高密度で新鮮な情報をキャッチできます。

 

【推奨】ヘッドハンティング・情報収集はビズリーチが最強

 

 

アパレルでキャリアアップをするのか異業種へ転職するのか決まっていない方は、転職準備としてビズリーチを使うことをおすすめします。その根拠は至ってシンプルで

ビズリーチがおすすめな理由

  • ヘッドハンターがキャリアに合わせてハイクラス求人を提案
  • アパレルの高年収求人や役職募集も扱っている
  • 無料で利用できる→さらにハイクラスの転職やサービスを受けたい場合は優良コースもあり(3,278円税込〜)

さらに噛み砕くと「あなたのキャリアを活かせる高年収の企業を紹介してくれる=ヘッドハンティング」ということです。
私も転職活動の最初に登録し、最後まで無料コースで利用しました。アパレル業界からの特別オファーも多く、特にハイブランドや有名ショップからの求人が多いです。即戦力になるアパレル経験者は優遇さていることがわかります。

アパレルから異業種への転職成功事例をもとに様々な業界からオファーが来ますので、情報収集から転職までスムーズに利用することが可能です。転職の準備としてぜひ利用してください。

ヘッドハンターがクローズド案件を提案

ビズリーチはこちら

※アパレル経験を活かして年収アップ

 

アパレルからアパレルへ転職するならクリーデンス 

 

アパレルで培ったキャリアをそのままアパレル教会で活かしたい。そう考えている方は真っ先にクリーデンス への登録をおすすめします。その根拠は

クリーデンスがおすすめな理由

  • アパレル特化の専門エージェント
  • クローズド案件・業界随一
  • 専門エージェントならではのキャリア提案

今の現状からどういう風に変えていきたいのか、アパレル専門のエージェントならではの視点で完璧にサポートしてくれます。

給与面・業務内容・役職・ブランドなど全て考慮した上で幅広い提案を行ってくれるので、アパレル業界でのステップアップは間違いなくクリーデンスを利用すべき。私もかなりお世話になり、アパレルからアパレルへの転職も考えましたが、最終的に思い切って異業種への転職を決めました。

完璧にサポート体制で相談に乗ってもらったのに申し訳ないなという気持ちになりましたが「またこの業界に戻ってくることがあれば是非お声掛けください!」と気持ちの良い返事が返ってきました。販売員だけでなく繊維業界に関わる案件も多く抱えているので、ポジションをちょっと変えたいという方にっも利用価値の高いエージェントです。

アパレル経験者・登録必須!

クリーデンスはこちら

※アパレル経験が活きる職探し・アパレル業界でキャリアアップを叶えるエージェント

 

アパレルから異業種へ転職するなら総合転職のリクルートエージェント

 

アパレルから異業種へ、総合転職をお考えの方はリクルートエージェントがおすすめ。
日本が誇る超優良大企業・リクルートならではの優種なエージェントが徹底的にサポートしてくれます。

クリーデンスがおすすめな理由

  • 幅広い業界から多数のオファーを抱える
  • 転職活動の準備から採用まで完璧にサポート
  • いろんな業界の情報が欲しい方はメイン使いもおすすめ

希望する方はマメな電話相談も受けてくれますし、私自身も最終的な転職はリクルートエージェントで決めました。ただし最終決定がリクルートエージェントだったというだけで、サービス全般としてはビズリーチとクリーデンスの専門性に軍配が上がります。

とにかくいろんな業界の最新の情報が欲しい!という方はリクルートエージェントの万能さは利用しない手はないでしょう。

リクルートならではの圧倒的求人数

リクルートエージェントはこちら

※安心の実績でキャリアアップを完全サポート

 

【私の体験談】アパレルからベンチャー企業へ転職し年収UP

 

アパレルからベンチャー転職

 

冒頭でもお話ししましたが、私はアパレルを10年近く経験したのちベンチャー企業へと転職しました。

実際に転職活動〜入社というステップを踏み、仕事上でのお付き合いが増えていく中で感じたのはアパレルからベンチャー企業への転職者ってめちゃくちゃ多いなという事実。私もそんな1人なのですが、同じ会社や同業者に元アパレル販売員が多いです。

わたし
ここからは私の実体験と同時に、同僚や身近な人のリアルな体験を紹介します

 

そもそもベンチャー企業とはなんなのか

 

ベンチャーベンチャー言いますけど。そもそも定義はなんなのかって話ですよね。

ベンチャー企業とは、新技術や高度な知識などをもとに、既存の大企業では実施しにくい創造的・革新的な経営を展開し長期成長を目指すスモールビジネスを指します。
その事業が広く必要とされうるものであれば、その先駆けとして市場を席巻することができるため、短期間で急速な成長を遂げる可能性を秘めています。

引用:ホームページ大学 今さら聞けない…ベンチャー企業とは?

ウェブ関係や広告・通販事業などに多いイメージで、私自身が足を踏み入れたのもその業界にあたります。

わたし
説明のためにベンチャーという言葉を連発していますが、ベンチャー企業特有のできるビジネスマン気取りのチャラついたやつとかキラキラ系の人は嫌いです。ハッキリ言っときます。

 

アパレル企業から広告関連の企業へ転職し年収大幅アップ

 

私が転職したのは広告系の企業で、その中でも売り上げを作る営業の花形部署に勤務しています。広告と言ってもいろいろな形態がありますが、このサイトの運営(私の個人事業)をオンラインの広告事業だとすると、転職した先はオフラインの広告事業といった感じ。アパレルで培ってきた、以下の経験がおおいに役立っています。

アパレルで培った経験

  • コミュニケーション能力(接客・営業スキル)
  • 売り上げを作るための分析・アクション
  • バタバタした現場にも対応できるスピード感

多くのお客様へ接客させてもらった経験や、店舗のマネジメントで培った数字意識、インシデントに対応するスピード感はアパレル業界で知らず知らずのうちに身に付けていたようです。アパレル業界から異業種は、実際に転職活動を通して需要が高いことがわかりました。

アパレル経験を即戦力として活かせる企業に転職したことで、私自身の年収は50〜60万円ほどアップしています。ちなみに私の上司はアパレルから転職し入社1年で年収が2倍になったといっていました。

ベンチャー企業は年功序列という制度を使っていないところがほとんどで、実績を素直に認めてくれる場合が多いです。そのような環境に転職することで、アパレルからの異業種転職は年収大幅アップにつながる可能性が極めて高いです。

 

アパレルで経験した接客やコミュニケーションスキルが役にたった

 

どんな職業においても絶対に役立つと言い切れるのが接客で身についたコミュニケーションスキル。

  • クライアント対応
  • お客様対応
  • 社員間のコミュニケーション
  • スタッフの教育

人との間合いを取りながらコミュニケーションをとる能力は、アパレルの世界で接客を経験した人ならそれなりに優れていることが多いです。どんなシーンでもこの能力は重宝しますし、私自身あたらしい職場での人間関係構築・クライアント様の対応などすんなりと馴染むことができました。

 

アパレルから転職して活躍する人が多い職種

 

アパレル関係の仕事から転職が多く、かつ実績を残して活躍する方が多い職業には以下のようなものがあります。

アパレルから転職が多い職業

ブライダル / 貸衣装 / カーディーラー / 中古車販売 / 不動産 / ハウスメーカー / 保険 / コンサルティング / web関係 / 広告 / クリエティブ / 事務職

サービス業はもちろんのこと、コミュニケーションスキルやプレゼン力が活きる営業職も人気の職業です。
アパレル販売〜店舗マネージメントは他の業界でも通用する考え方や経験を得ることができるため、中途採用でもそこまでハンデを感じることはありません。私は学歴がほぼなく大学も出ていないのですが、よほど大手の企業を狙わない限りそこで振り落とされることはないかと思います。

それよりも職務経歴書や面接でどれだけアピールできるかが重要に思います。

 

アパレルから給料・年収を上げる方法は圧倒的な実績を出すか転職あるのみ

 

アパレルで年収上げるには?

 

アパレル販売員がこの先給料を上げていくには、社内で圧倒的に結果を残すか転職してステージを上げていくほかありません。不況が続くアパレル業界は、今後どんどん大手のブランドやショップも消滅してくであろうことはわかりきっています。

今の自分の会社での立ち位置を考えてみて、もしこのまま昇進していくことが難しいようであれば転職活動は選択肢の1つとして常に頭に入れておくべきだと思います。そのための情報収集をスピーディに行えるように、転職エージェントは確実に利用しておくほうが保身に繋がるでしょう。

【実用済】おすすめ転職エージェント

アパレルからアパレル➡︎クリーデンス > 公式HPはこちら

アパレルから異業種➡︎リクルートエージェント >公式HPはこちら

どちらにも対応➡︎ビズリーチ >公式HPはこちら

記事中で紹介した転職エージェントは、実際にアパレル業界から転職した私を含め、多くのアパレルからの転職希望者に支持されているサービスです。無料で使えるサービスなので、ガンガン使って将来設計にお役立てください。

わたし
ヤバイ!と思ったら行動あるのみ。人生は一度きりです。

GOOFAM記事下2019

-アパレル / 転職

Copyright© GOOFAM , 2020 All Rights Reserved.