アパレル業界でインスタのフォロワー数は大きな武器|SNSの活動が評価される時代

更新日:

 

日常と切っても切れない関係になりつつあるSNS。
特に"Instagram(インスタグラム)"(以下インスタ)は写真メインで視覚的に訴えられるSNSで、もはやファッションやライフスタイルはここを中心にトレンドが発信されていると言っても過言ではありませんよね。
当サイトで扱っているジャンル・"ファッション"や"植物"もインスタの盛り上がりはすごいです。

どんなSNSも発信を続け、共感を得ることでフォロワーが増えていきますが、インスタのフォロワー数がファッション業界では重要視される流れが来ています。

もしあなたがフォロワーを多く抱えていれば、好待遇で迎え入れてくれる企業も実は少なくないんです。今回はSNSのフォロワー数が多いことでどんなメリットがあるか紹介していきます。

ぐー
やーっと一般社会でもフォロワーの価値が見直されるようになって来たか。
のっち
偉そうに。あなた、私よりフォロワー少ないじゃない。
ぐー
ぎくっ・・・

 

 企業がフォロワー数を求めている理由は?

 

 

冒頭でもちょっと触れましたが、アパレル業界でもやっとフォロワーに注目する企業が浸透してきたようです。もちろん早くから力を入れていた企業もあります。
どういった目的でフォロワーを意識しているのか・・・現役でアパレル業界に在籍する僕が調査してきました。ご参考に!

 

広告塔・新しいプレスの形

 

一昔前はアパレル業界といえば花形だったのがPR・プレス担当です。
雑誌や広告媒体で華やかな存在でしたが、その入り口は狭き門でした。ですが、現在は自分自身で個人が自由に発信できる世の中。言うなれば

全国民表現者時代

いくらおしゃれだったり、突出したもの持っていても、日の目を浴びなかった人がセルフプロデュースすることでフォロワーというファンを作ることができます。

そしてその中でも多くのフォロワーを持ち、世間に影響力を持つ人々をフルエンサーと呼ぶようになりました。

フォロワー数1万人=インフルエンサー

これがインフルエンサーの1つのボーダーとして認識されています。そんなインフルエンサーが自社にいることで、ユーザーに直に影響を与え宣伝してくれる新しい形のプレスとして注目されています。

 

ECの成長に大きく貢献

 

現在のアパレル業界はECサイトの売り上げが非常に大きく、実店舗の入店・売り上げ減少に反して右肩上がりに成長を続けています。
SNSの投稿画像やプロフィール画面からうまく導線を作り、ECサイトにうまく繋いでいる企業は直接的な購買も促すことができ、ECの売り上げを加速的に成長させることに成功しています。

逆に、商品を着用しおしゃれに見せていても、わざわざ検索する必要があったり、購入ページまでの道のりが長ければ長いほど購入への直結は難しくなります。
フォロワーにいかに自社の商品が素晴らしいかを紹介し、いちフォロワーから自社ブランドのユーザーになっていただくための道を作ることも、今の時代のCS(customer satisfaction)=顧客満足のために必要な取り組みだと思います。

ネットショッピングのためのユーザビリティを重視する

もっと便利に直感的な買い物ができるような、新しいサービスの誕生に期待がかかりますね。

 

実店舗への集客も

 

2000年代には、"カリスマ販売員"などの言葉も浸透するほど、販売員は憧れの職種でした。
ネットがこれほど普及するまでは、雑誌媒体やセレクトショップなどがファッションの情報を発信していたんです。そして実際に店頭に足を運んだり、情報を持っている販売員に直接聞いたりして情報収拾。今では考えられませんけどね(笑)

今は必要な情報にすぐにアクセスできますし、わざわざお店に足を運ばなくても洋服が買えます。
本当に便利。実店舗の入店減は当然でしょう。

ところがインフルエンサーの登場で、その姿を一目見ようと店頭に足を運んでくれることも少なくありません。SNSで発信される、リアルなコーデやライフスタイルがユーザーの共感を得ています。
インスタなどのSNSはどんどん離れていく実店舗への入店を訴求してくれる大事なツールになりつつあります。

 

インフルエンサーを求めている

 

補足するならば企業が求めているのはフォロワーが単純に多い人ではなく、あくまでも世間に影響力を持つインフルエンサーです。
フォロワー数は1つの目安になりますが、フォロワーを買い取って増やしているような人ではなく、ファンを作り行動を起こさせる人(商品購入や入店など)が必要です。コツコツとファンを作ってきた人がただの趣味でなく、評価の対象として注目されるようになったということですね。

ぐー
何もアクションがないフォロワーを1万人抱えるのでなく、アクティブなフォロワーが100人いる方が大事だね。

ただし、企業によってはたとえフォロワーを買い取っていたとしても「フォロワーを増やす努力や目的達成意識」という点で評価してくれるところもあるようですよ!

 

フォロワー数が多いメリット

 

 

とはいえ、フォロワー数は多ければ多いほど見た目にもインパクトがありますし、判断材料としては重要。
特に拡散力のあるツイッターと違い、インスタはリツイートなどの拡散機能がないためフォロワーを増やすことが難しいですからね。

 

ヘッドハンティングが増える

 

インスタに自身の働くショップ名やプロフィールを充実させることでヘッドハンティングが劇的に増えます

これは僕が務める会社の女の子も実際にそうなのですが、多方面から声がかかっています。しかもめちゃくちゃ好待遇で。
アパレル販売員からキャリアアップを目指すには

転職して年収アップ

出世して年収アップ

ほぼほぼ、この2択になります。
ヘッドハンティングは他者から「この人材がうちに欲しい!」という企業側からのオファーなので大抵の場合年収は上がります。
ヘッドハントされる機会が増えることは自分自身の評価の現れですし、年収アップを目指す方にとっては願ったり叶ったりです。その窓口を広げてくれるのですからSNSも捨てたもんじゃないですね!

 

転職で超有利・好待遇も!

 

ヘッドハンティングに限らず、自分自身で転職活動を行う場合も有利に働く傾向があります。
採用担当もフォロワー数を気にするところが増えてきており

採用率アップ

基本給アップ

というのも実際に聞く話。
現代の転職にはエージェントが欠かせない存在ですが、打ち合わせる際もしっかりとアピールポイントとして説明しておくとフックに繋がる可能性があります。ぜひ自分の武器は恥ずかしがらずにどんどんアピールしていきましょう。今後のステップアップとしてラグジュアリーブランドに転職する際にも大きな強みになり得る可能性を秘めています。

 

まとめ|フォロワー数は給与に直結する世の中に

 

SNSはただの私生活を充実させるだけのツールではなくなってきました。
特にアパレル業界ではステータスとしても注目されてきています。今後もっとSNSの利用価値は高まってくると思うので、これを機に本気で取り組んでみるとあなたの生活が変わるかもしれませんね!

SNSのフォロワー数は武器になる

フォロワーを増やす→インフルエンサーへステップアップ

収入アップの武器に!

市場価値と照らし合わせて確認しよう

すでにフォロワーが多い方はチャンス!
1000人超えるだけでもなかなか大変なのでまずはそこを目指してやってみよう!

のっち
私は最近1000人突破したわ♪
ぐー
すげっ・・・!(おれは130人くらい・・・ボソ)

-アパレル働き方 / 転職
-, ,

Copyright© , 2018 All Rights Reserved.