アパレル転職|頻繁に職場を変える販売員には大きな理由が3つある

更新日:

 

頻繁に転職する販売員

 

アパレル業界って、ころころ転職する人多くないですか?
短い人だと1〜2年でお店が変わってるなんてことも多いです。

単純に素行が悪かったり、癖のある人だと思いますか?
中にはそんな人もいるとは思いますが、頻繁に転職するにはちゃんとした理由があります。
だって現に"採用されている"んですから。

今回の話は現役販売員にとってめちゃくちゃ参考になる内容だと思います。
知らないと損をする話でもあるので、現役の販売員はぜひ目を通してみてください。

ぐー
マジでころころ職場変えるやついるよね?根性ねーなって思ってたけど。
のっち
そんな単純な話じゃないのよ。実はすご〜く賢い方法っだって知ってた?
ぐー
え?すごく意外なんですが・・・

 

 

スポンサーリンク

 

アパレル業界には"頻繁に転職する人"がいる不思議

 

おしゃれな販売員

photo by Satoru Kushima

 

アパレルは転職者が多い業界

 

アパレルは転職者が多い業界です。
一般的な認識では

所得が低いから

キツくて続かない人が多いから

将来が見えないから

こんなネガティブな印象でしょうか?
でも実のところ、所得は一般の会社員とさほど変わらないところも多いですし(正社員は)、きつい仕事なんて世の中溢れかえっている。
将来性が全くないわけではなくて、もしそう感じるという人はどんな仕事をしてもそう感じるでしょう。
そんなことじゃなくて自分がステップアップすればいいだけです。
いくつになっても販売を続けることはできるし、違う道もあります。

単純に続かない人もいますが、転職者が多いのにはそれだけの理由があってメリットがあるから
ここは後ほど詳しく解説していきます。

 

アパレル販売員は技術職という側面も

 

アパレル業界・販売員はちょっと特殊な仕事ではあります。
普通の小売業とは違い

服装に縛りがない(会社による)

制限なくおしゃれできる

技術と知識が要求される職人のようなもの(ジャンルによる)

身なりにある程度の自由が利く反面、知識や技術が要求される職業でもあります。
ファストファッションではあまり要求されませんが、ある一定以上のお店になると格段とそのバックボーンが活きてきますね。

特にメンズドレス・フォーマルなどを扱うところはテーラーリングの知識や技術が確実に必要になってきます。
カジュアルスタイルでも素材の知識やお直しの技術はもちろん必要です。
セレクトショップになると男女ともに欠かせない知識と言えます。

こういった側面と慢性的な人員不足から、どこの企業も経験者は喉から手が出るほど欲しいのです。
思い切って転職活動をしても、"職が決まらない"っていうことはまずないでしょう。

 

転職がダメって思い込んでない?

 

日本人は、転職となると

  • 続かないのは根性がない
  • すぐ辞める人は信用できない
  • 我慢を覚えなさい

というような風潮があります。
人にとやかく言われる問題でもないのにおかしな話です。
転職なんて自分が今の会社が嫌だと思ったらすぐに辞めてしまえばいいんですよ。
先述したように、アパレル業界は転職者を受け入れる体制がかなり整っていると思います。
自分が培った技術を持って他社に移るのは決して悪いことではなく、むしろステップアップです。

アパレル業界で頻繁に転職する人はその仕組みとメリットを最大限に活用しています

 

アパレル販売員が転職する"3つの理由"

 

なぜ?

photo by Satoru Kushima

 

アパレル販売員が頻繁に転職するには大きく分けて3つの理由があります。
まずは順に説明していきます。

 

単純に続かない人

 

当然ながら、単純に続かない人もいます。
こういった人たちの多くは冒頭でも述べたような理由が多いでしょう。

加えて、「おしゃれは好きだけど服が好きではない」という人も多いですね。
おしゃれが好きと、洋服が好きは似ているようで違います。
オピニオンチックな内容になるのでここでは詳しく話しませんが・・・まぁ、一定数の退職者はどんな職業でもいますので。

 

ヘッドハンティングを受ける人

 

この業界はヘッドハンティングも多いのが特徴。
評判のいい販売員は、どこの企業もぜひ欲しいと思うもの。

サービスの質・立ち居振る舞い

顧客満足度が高い

発信力がある・ズバ抜けたセンス

こういった人たちは非常に目立ちますし、外部から引き抜きにあいます。
さらには現状よりいい待遇で迎え入れられるので、声をかけられた販売員は話を聞くだけでも無駄ではないでしょう。
それで転職したことをとやかくいう人は、ただ羨ましいとか妬んでいるだけ。
気にする必要は全くないです。

 

自分の意思で転職する人

 

注目すべきはこういった"自分の意思ですすんで転職"する人たち。
わずか1、2年で転職する人は、職が続かないという理由で敬遠されそうに思うかもしれません。
転職すると年収も下がると思われる人も多いでしょう。

でもこういった人たちは計画的に賢く転職するパターンが多いです。
更には、年収が逆に上がる事例が多いというのも事実として認識しておいたほうがいいでしょう。
理由は後述します。

 

アパレル販売員が転職することで得られるメリット

 

なぜ転職するのか?
それには"明確なメリット"があるからです。

 

"年収が上がる"から

 

アパレル業界は、転職することで年収が下がるどころか上がる場合があります。
重ね重ねこの業界はとにかく人員が不足しがち。そこへ来て経験者となれば待遇面はよくなる傾向に。
ですが普通に企業に応募しても意味がなく、転職エージェントなどを通して非公開案件をうまく活用する必要があります。
非公開の案件はより質のいい人材を獲得するべく入口は狭いのですが、その分待遇が良くなるんです。

入り口が狭いというのは採用率の問題ではなく、普通の求人案内やHPには乗っていないという意味です。

 

エージェントをうまく利用できている

 

非公開案件の情報を得るには、転職エージェントを利用するのが無料で確実。
特にアパレル販売員専用の転職エージェントは、この業界に特化して情報を扱っているので、情報量が豊富なだけでなく、情報の質が非常に高いのが特徴。

扱う企業の詳しい情報を聞き出せる場合もあるので、遠慮せずにガンガン聞いてみましょう。
頻繁に転職する人は、このエージェントを利用して定期的に情報をキャッチしている人がほとんどです。

アパレル専門転職エージェント

こういった非公開の案件は、ナマモノなので欲しい時にはなかなか条件が揃わないことも多いですし、ちょっとでも転職してみようかな?と思う人は情報収拾の手段として活用してみるといいと思います。
かくゆう僕も頻繁にチェックしています。

 

ほぼ確実に採用されるから

 

色々と話してきましたが、やはりアパレル業界で経験者であれば職が決まらないという失敗がほぼありません。
勤めながらの転職活動も平日休みなので面接の日程が組みやすいですし、最小限のリスクで最大限のメリットを取りにいけます。

自分自身がステップアップするために転職活動をするというのは非常に合理的な話なんです。

まとめ:転職を決めるのは自分次第

 

頻繁に転職する人の思考が見えてきました。
こういうった流動的な活動って、今の時代にいちばんマッチしているように思えます。
職場が変わることで身につく技術や知識も格段に向上しますし、新しい店にお客様を呼び込める人も少なくありません。
また、自分が気づかなかった才能に目覚める可能性もあるでしょう。
新しい人脈も築くことができます。

もし、今の現状に迷いがあるのであれば、何か1つアクションを起こすことで現状を脱して次のステップに進める可能性がグッとあがります。

やるもやらぬも自分次第。

迷いがある人はぜひ行動してみてほしいです。

ぐー
エージェント登録してたけど、いっつもスルーしてたわ!もう一回案件見直そう!
のっち
あんたはただのポンコツよ。

-アパレル働き方 / 転職
-, ,

Copyright© , 2018 All Rights Reserved.