海王丸の実生に挑戦!初心者が果敢に挑みます。

更新日:

 

 

こんにちは!この度海王丸の実生に挑戦します。「海王丸」というと魔神英雄伝ワ◯ルっぽいなとか思うかもしれませんが(僕はズバの世代ではないけど)、サボテンの一種です。

実生にトライするキッカケ、経緯はこちらの記事↓↓↓

朝のおしゃれ時短術
朝のおしゃれ時短術|ファッションレンタルで時間もお金も節約おしゃれ!

海王丸についてはこちらの記事↓↓↓

サボテン・海王丸|育て方や特徴は?メジャーで人気のサボテン知識

 

 

 

スポンサーリンク

 

種を蒔く準備を整えよう。

 

初心者ということで先人たちの教えに従いしっかりと準備を整えました。何としても種を提供してくださった方のためにも発芽させねばと必死です。今回準備したのはこちら。

 

準備したもの

 

海王丸の種

育苗用プラグトレイ

腰水用のトレイ

サボテン用の土

サランラップ

水切りネット

 

 

ポットは育苗用でなくてもいいと思います。ただし、上から水やりをすると種が流れてしまうことがあるので腰水できるように底に穴は必要です。
ちなみにこの育苗トレイはホームセンターで200円ほどでした。
複数個セットで販売されています。

 

 

後から知ったんですがフタがついたものもあるみたい。
切実にこれ使えばよかった・・・

そして、育苗トレイが収まるように腰水用の受け皿が必要です。
なかなかちょうど良いものが見つからず、こちらは100円均一で購入。なぜか200円で。
最近100均と言いながら500円したり、3コインと謳いつつ全然3コインで収まらないショップもありますよね。
あれ個人的にはちょっと嫌です。

 

ポットに用土を準備する

 

では順に見ていきます。
まずは一番底に水切りネットをカットしたものを敷きました。穴から抜けないような底石を敷けば問題ありませんが僕は植え替えの時もいつもやってます。

 

 

見えづらいかもしれませんがこんな感じ。
これだと水はけにほぼ影響しませんし底から抜けることもないと思います。
ここにいつも底石がわりに使ってる鹿沼土を投入。
鹿沼土は通気性や排水性に優れており、サボテンの用土配合にもよく使われています。

 

 

この上にサボテン用の土をかぶせていったのですが今回は使いかけの土ではなく新しいものを用意しました。
その理由は後ほど触れるとしてこんな具合です。

 

 

これで一応の準備は整いました。
用土はどんな植物でも家やベットのようなもの。合わないものを使うと具合が悪くなるし最悪の場合、病気や命に関わってきます。
植物も立派な生き物、責任を感じます。

 

サボテンは雑菌に弱い?

 

サボテンは、と書きましたがこれは植物ならだいたい当てはまります。
種から育てる場合注意が必要で、カビなどによって発芽しなくなることがあるということです。
特に採取されて時間が経った種は一度消毒して蒔く方がいいです。
いくつか参考にさせていただいた意見では、用土も加熱し殺菌消毒するべきだとありましたが僕は新しい用土を用意しただけで加熱殺菌しませんでした。

自然界でそんな丁寧に殺菌なんかしてくれんやろ!強く育たんかい!

という僕なりの愛の鞭です。
でも種は一度綺麗にしました。消毒剤は使いませんでしたが。

 

 

こんな感じで濡れたキッチンペーパーで潰さないようにそっと拭きました。
意味があるかはわかりませんがこの時に愛情はかなり注入してます。

 

撒いてみよう。

 

そしてついに種まきです。
先ほど用意した用土の上に種を置いていきます。
今回は一つのしきりに2~3粒蒔くことにしました。
時期が来たら当然植え替えるため、最初は同じ部屋に入れても問題ありません。寂しいでしょうし。

 

1つの部屋に2~3粒蒔く

 

サボテンの種ですが、上から用土を被せません。
「蒔く」というより「置く」と言った方がしっくり来ます。最初に用土には霧吹きで水を軽くかけておきあとは腰水で吸わせます。

 

 

どれが種だかわかりますか?
もはやよくわかりませんが、あとは発芽を祈るばかりです。

 

発芽までには湿度が重要

 

サボテンは乾燥地帯の植物だからと水分を与えないのはNGです。
逆に発芽までは直射日光を避け湿度を保つことが重要になってくる。
半透明の衣装ケースで管理される方やアクリル板などをかぶせる方もいらっしゃいますが、僕はサランラップで対応。
実際ラップで問題なく発芽するようで、結局のところ重要なのは「環境」と言えるかもしれません。

環境と一口に言ってしまうとそれまでですが、実生に王道はないと言われますしそんなものがわかってたら悩む必要がありません。
自分の住環境と管理する植物との相性や一番いい方法を模索するのも一つの楽しみだと思います。

 

あとは待つだけ、祈るだけ

 

腰水は腐らないように定期的に入れ替える必要があります。
あとは発芽を待つばかりですが、胸が高まりますね!
今後も海王丸の実生チャレンジは記事でもお伝えしていきます。続報に期待してください!

海王丸の実生・その後↓↓↓

-植物図鑑・育成知識
-, , , ,

Copyright© , 2018 All Rights Reserved.