海王丸の実生に挑戦!初心者が果敢に挑みます。〜その3・2週間経過〜

更新日:

 

photo by toshron

こんにちは。季節外れの台風の接近にちょっと憂鬱です。

それもそのはず、僕の住む九州地方は台風の接近以前に数日天気が悪くかれこれ1週間近く晴れ間がのぞいていません。そこへきてさらに台風が迫っているとあってはうちの植物たちが心配です。台風の進路圏内にお住いの方は十分気をつけてくださいね。

今回は種まきから2週間強経過した時点での海王丸の様子を見ていきます。

 

海王丸の記録・8日目以降〜2週間

 

まずは前回までの記録がこちら↓

 

ツイッターのフォロワー様から頂いたありがたい海王丸の種蒔きをしたところ、8日目にして芽が出てきました。まだほんのりと発芽を確認しただけだったのですが10日目程でほとんどの種が発芽しました。

蒔いた種は19粒で発芽数が17という結果。新鮮な種だったためかほぼ発芽に成功しました。が、2粒ほど動きがなかった原因は不明です。

 

管理場所・状況は?

 

僕の住む九州地方は10月だというのに、今年は30度近くまで日中の気温が上昇したりと、これでもかというくらい夏を引っ張っていましたが、ここ最近急に涼しくなり始めました。

あまりにも気温差が激しすぎるため、当初は室外で管理していたのですが室内の日当たりの良い場所に移動。発芽したばかりで心配だったため管理温度や湿度がある程度維持できる場所を選びました。

この判断は問題ないと思いますし今後ある程度の大きさに育つまでは現状をキープしようと思います。

 

悪天候が続き日当たりもクソもない

 

冒頭で話したように、悪天候のせいで全く日が差しません。直射を避け湿度を保つためにラップで日よけをしてはいますが、完全に日光を遮断しているわけではないのでここまで日が差さないとちょっと心配になります。

また、今まで暑かったのに急激に寒くなってきているのでその温度差が心配。こんな芽が出たばかりのひよっこが大きな環境の変化に耐えられるものなのかと疑問でなりません。

ちなみにこんな感じでラップしてます。

 

 

カビが生えないように風通しの良い場所と新鮮な腰水に変えるように注意しながら管理しています。

 

2週間で小さな変化があった

 

前回は写真を丸で囲まないとよくわからないレベルだった芽もわかりやすい形になってきました。とはいえまだまだちんちくりんに変わりなく気をつけて管理する必要がありそうです。そんな小さな芽をよくよく観察してみると

 

 

ちょっと棘が生えとるーーーっ!

なんとちょっぴり頭に棘が生えてました。本当にちょっぴり、申し訳程度に・・・

でも感動です。小さいながらもどんどん成長してくれているということが大きな一歩です。小さな成長なくして大人にはなれない、今後もますます目が離せなくなりました。

 

早速、成長にばらつきが出てきた

 

すでに成長速度にばらつきが見られます。早いものは先ほどの個体のように棘が出てきていますが、中には発芽した状態からあまり変化がないものもあります。

ちょっとした差は出てくるとは思いますが、一番よくないパターンとしては日光不足による成長ストップ。発芽が遅かった個体はもしかしてもしかするとこの悪天候がちょこっと影響しているのかもしれません。今後また成長具合を確認しながら考察してみたいと思います。

 

おまけとまとめ

 

今回は海王丸の成長報告でした。今後も目が離せないわけですが、それより何より早めのお天気回復を願うばかりです。おまけといっちゃなんですが成長ついでにこいつの成長も。先日板付にしたビカクシダです。

ビカクシダ(コウモリラン)板付|部屋をグッとおしゃれにするインテリアプランツ

 

 

こいつも新しい貯水葉が出てきました。鉢植えから板付に環境が変わってもしっかり成長してくれています。植物を育てているとこの発見がやっぱり嬉しいものです。

次回もまた、海王丸の報告をしていきます。

海王丸の実生に挑戦!初心者が果敢に挑みます。〜その3・2週間経過〜

海王丸の実生に挑戦!初心者が果敢に挑みます。〜その4・1ヶ月の様子〜

-植物図鑑・育成知識
-, , , ,

Copyright© , 2018 All Rights Reserved.