プレゼントの選び方|迷った時に考えるべきポイントを特別に伝授します

更新日:

 

プレゼントを贈るシーン・相手はその時々で様々あり、本当に悩ましいものですよね。

パートナー
家族・親戚
親しい友人
会社の先輩・同僚
ちょっとした知り合い

贈る相手によって金額・贈るものなどの条件は大きく変わってきます。
相手のことを思うと本当に悩ましい。

僕は長年アパレル業界に携わり、多くの方のプレゼント選びのお手伝いをしてきました。
様々なシーンに合わせ、お客様とプレゼントを選んでいく中で

「受け取る側の喜びが倍増する明確なポイント」

を発見しました。
そのポイントを抑えるだけで、プレゼント選びが上手になることは間違いありません。

ここからのお話は、あなたがプレゼント選びに迷った時の判断材料としてぜひ活用されてください。

ぐー
お役に立てれば幸いです
のっち
自分でハードル上げまくってるけど・・・大丈夫なの?(白目

 

基本的なプレゼント選びのポイント

 

プレゼント選びのポイント

 

とっても悩ましいプレゼント選び。
まずは基本編からいってみましょう。

大前提:気持ちがこもったものは嬉しい

 

いきなりこんなこと言うと「当たり前やん」と思われそうですが(笑)
プレゼントというのは人のために何かをしてあげたい・祝福したい、という想いを届ける1つの手段です。
社交辞令で贈る場合もありますが、プレゼントの基本はやはり「自分の気持ちをのせる」ことが重要だなと思います。

お客様と一緒にプレゼント選びをしていると、みなさん真剣に迷ったり要望を伝えてくれたりするんですよね。

  • どんなものだと嬉しいか
  • ちゃんと使ってもらえるか
  • 喜ぶ顔が見たい

多くの方が決められた予算内で真剣に悩んでいる姿を見て、すごく素敵な悩みだなぁといつも思うわけです。
プレゼントを渡すまでの過程ってすごく長くて、たくさんのプロセスを経てお渡しする一瞬に凝縮されていると考えると、お手伝いをするこちらも全く気を抜けません。

相手のことを思ってプレゼントするということは、相手のライフスタイルや喜びそうなものを考えて選ぶということ。そういった理由から、気持ちのこもったプレゼントは結果的に心に響くものになるんだと思います。

 

実用的なもの

 

プレゼントなので「自分が送りたいものを選ぶ」というのも当然アリ。
ですがもう一歩踏み込むと「相手のライフスタイルにフィットするものを選ぶ」ということも考えるとベター。相手にとって

実用的であるもの

相手の好みにマッチしているもの

使わないようなものは選ばない

こういった点に配慮するとより一層喜ばれます。
日常でスーツを着ない人にネクタイを贈ってもあまり意味がありませんよね。
金属アレルギーがある方に素材を知らずにアクセサリーを渡すのはリスキー。

こういった相手の情報を度外視して「自分が送りたいから」「単純にかっこいい・かわいい」で選んでしまうと失敗するパターンも出てきてしまいます。

実際お渡しした後に、ちょっと合わなくて・・・という理由から交換にいらっしゃるケースも少なくないのです。

 

自身では購入を後回しにしがちなもの・あったらいいなと思うもの

 

プレゼント選びのポイントとして、本当は欲しいけど優先順位が低く後回しにしがちなもの・あったらいいなと思うものは非常に喜ばれることが多いです。
どんなものが当てはまるか、簡単なペルソナを設定して例をあげてみましょう。

【例】32歳・妻子持ち男性

一般企業・中間管理職のサラリーマン

営業職でスーツを着用

4歳の男の子と10ヶ月の女の子の赤ちゃん

奥様は産休中

趣味はゴルフだけどなかなか行けていない

こういった方に予算10,000円以内でプレゼントをすると仮定します。
相手との関係性は友人・兄弟・同僚で考えてみます。

ここであなたは何を思い浮かべますか?

ネクタイ

ハンカチ+ソックス

ゴルフグローブ

帽子

パッと思いつきそうなものはこんな感じでしょうか。
仕事で使えそうなネクタイや、趣味で使えそうなグローブや帽子。
プレゼントされるとめちゃくちゃ嬉しいですよね!

ここに「後回しにしがちなもの」という点でもう一歩踏み込んで考えてみましょう。どんなものがあるでしょうか?

贈る相手は一般的なサラリーマンで、年齢的にも中間管理職として立場も上がってきた。
小さいお子さんが2人いて、奥様も産休中のためなかなか趣味の時間は取れずあまり贅沢できる訳ではない。
こんな方が自身で買い物をする際に優先する順番は

家庭に必要なもの=仕事で絶対に使うもの>子供への投資>趣味・娯楽

こんな感じですかね?
こういった方に「自分では後回しにしてなかなか購入に至らないもの」を10,000円以内で僕が提案するなら・・・

ブランド物の傘

高級ボールペン

こういったものはどうでしょうか?
仕事で使えるもので、かつ優先度は低いもの
ですので多くの方は購入を後回しにしそうです。
中間管理職として、小物にも気を使いたいけどなかなか手が回らない・・・でも流石にビニール傘じゃ・・・安物のボールペンじゃ・・・ってなると思います。
そんな方にこういったプレゼントは喜ばれると思いませんか?
もちろんすでに持っていたら必要ないですが(笑)
ブランド物と言っても、実際に10,000円使い切らなくてもこれくらいなら5,000円程度でも収めることはできます。

ちなみにこの例は、実際に多数あった事例でかなり喜んでいただいたという声を頂戴したため紹介してみました。少しでも参考になれば幸いです。

 

SNS映え(インスタ映え)するフォトジェニックなもの

 

 

ここからが本題です。
プレゼント選ぶ際にもう一歩踏み込んでみるとなお良いと思うポイント。

抑えるべきポイント・・・それはSNS映えするフォトジェニックなもの

 

嬉しい時に取る行動→SNSへのポスト

 

プレゼントを渡すという行為は、そこで完結してしまいそうなもの。
しかし現代ではそこからさらにSNSへ投稿し、その喜びを表現する方が非常に多いです。

特に女性はその傾向が強く、

SNSへ投稿→いい反応がたくさんある→もっと嬉しい

という具合に喜びを拡散し、さらにそれをシェアしてもらうことで大きな満足感を得る傾向にあります。
僕は専門家ではありませんが、おそらくある欲求を満たすために取る行動ではないかと思います。(後ほど説明しますね)

 

SNS(インスタ)は最高の瞬間を切り取ったものを表現する場

 

まず、SNS・特にインスタがどういった場なのか考えましょう。
僕の考えるインスタはこう。

「生活の中の最高の瞬間を切り取ったものを表現するところ」

Twitterのように思考や情報を発信するものではなく、あくまでも主役は写真。誰しもがいい写真をとって紹介したいと思うもの。
となれば、ポストするのはバッドシチュエーションではなくグッドシチュエーション。
喜びを表現するための最高の舞台といえます。

自分自身や家族の人生の大きな節目となる「結婚」「出産」なんかはその最たるものだと思います。出産祝いなどはよくインスタでもあがってきますよね!

 

承認欲求・自己顕示欲を満たすもの

 

一般のユーザーがSNSに求めるもの。それは

承認欲求

自己顕示

僕はこう考えています。
フォトジェニックで素敵なプレゼントを貰うことでそれをシェアする。
もらったプレゼントを第三者と共有することで共感を求め、アピールすることができる。

思わず写真に納めたくなるような有名なブランド・美しいもの・おしゃれなものは渡した瞬間だけ喜ばれるのではなく、喜びの第二波を起こすことができます。

花束なんかはいい例ではないでしょうか?

貰うことで特別感を感じられる。
そして写真映えする美しいもの。
最近は生花だけでなく、スワッグやハーバリウムなんかも人気ですね。

関連記事

ハーバリウムを贈ろう。植物をおしゃれに楽しむボトルプランツ。

 

他にフォトジェニックな贈り物の例を挙げるなら・・・

認知度の高いブランドもの

トレンドのアイテム

写真映えする綺麗なもの

珍しいもの・特別感のあるもの

ハンドメイド・一点もの

ちょっと抽象的ですが、こういったものが当てはまるかと思います。

 

まとめ:プレゼント選びの極意はフォトジェニックなもの

 

今回はアパレル業界で長く働いてきた僕が考えるプレゼント選びのポイントでした。
プレゼントは相互で完結させるのではなく、第三者に褒められたり羨ましがられたりすることでさらに喜びは倍増します。

悩ましいプレゼント選びの際のポイントとしてぜひ活用されてみてください。

ぐー
ぜひ参考にしてみてねー
のっち
迷った時は地味なものよりわかりやすいものが良いのかも♩

-ギフト
-, ,

Copyright© , 2018 All Rights Reserved.