安い上にIKEA越え!キャスター付きキッチンワゴンで理想の作業環境が完成+アレンジDIY【PR】

【DIY】IKEA越え?キャスター付きキッチンワゴンをデスクに配置で理想の作業環境が完成【PR】

 

便利なインテリア家具として人気の高い、キッチンワゴン。特にIKEAのワゴンはカラー展開も多く、用途が広いことから様々なシーンで利用されている爆発的に人気の商品ですね。

私も前々から購入を考えていたのですが、このタイミングでありがたいオファーが。モダンデコ様よりIKEAのワゴンにはないオプション、天板付きのワゴンを提供いただきました。しかもカラバリも豊富です。
せっかくご提供いただきましたが、今回はさらにDIYでアレンジを。私のデスク周りの作業環境が大幅にアップデートされました。

写真付きで紹介させていただきます。

 

MODERN DECO(モダンデコ)|キャスター付きキッチンワゴン3段

 

モダンデコ キッチンワゴン

 

今回紹介させていただくのはモダンデコ様でお取り扱い中の人気インテリア、キッチンワゴン。楽天を始め、Amazonでも販売されています。
パッと見た感じはIKEAのワゴンとほぼ同じクオリティでデザインも似ていますね。

 

キッチンワゴン本体

 

ワゴン本体はIKEAのものと非常に似ています。こちらも組み立て式ですし、本体はスチールで耐久性も抜群。
ただし以下の点に大きな違いがあります。

ポイント

  • 上部に持ち手がある
  • オプションで天板を設置可能
  • 価格も1,000円ほど安い

後ほど紹介していきますが、同等のクオリティで安価な上にさらに多機能。比較の必要もないかなと。

 

オプションの天板は別売りで購入可能

 

 

天板は別売りで用意されています。カラーも2種類あり、かなり雰囲気が変わるのでお間違えのないように。

 

カラーバリエーションは9色展開で豊富

 

キッチンワゴンのカラーバリエーション

 

とにかく豊富なカラーバリエーション。
実に9色ものラインナップで部屋に合わせて選びやすくなっています。他のインテリアに合わせて同系色を選んでもいいですが、ビビットな差し色として明るいカラーに挑戦するのも良さそうです。

 

レビュー|キッチンワゴンを組み立て、所要時間は30分

 

キッチンワゴン組み立て

 

実際に到着したキッチンワゴンがこちら。バラバラで到着しますので、組み立てが必須です。

 

工具不要・使うものは全て付属

 

キッチンワゴンに工具は不要

 

組み立てに必要なパーツは全て中に入っています。ネジの径に合わせた簡易ドライバーも付属しているので組み立てるために工具を買いそろえる必要はありません。
システム的にもIKEAと同じですね。

 

 

所要時間がどれくらいかかるのか測ってみたところ30分ほどでした。

組み立て目安時間

所要時間・・・30分

  • 撮影しながら作成
  • 付属の工具を使用

こういった条件下で作成にかかった時間なので、電動工具があればもっと早く終わると思います。私は時間を図るため付属の工具を使用しましたが、普段であれば持っているインパクトを使います。

 

天板購入時のカラー間違いに注意

 

ここで注意!私が今回失敗したのが天板のチョイス。なんと色が2色あることに気付いていませんでした・・・

 

 

本来ならばダーク系の天板にするべきところを、淡い方のカラーを選んでしまったためにカウンターとの色がかけ離れすぎていて大失敗。統一感がなくなってしまい残念な結果に。
対応策として自分でアレンジDIYをすることに決めました。

 

天板をDIYでアレンジ・オイルステインでヴィンテージ風に

 

天板のカラー

 

本来なら返品⇨色交換という流れが好ましいのですが、あえて自分でアレンジすることにしました。愛着もわきますしね。

 

サンダーで表面を削り塗装しやすくする

 

 

ということでベランダDIY開始です。
素材的に合板を使用し、表面にニスのような加工を施してあるので、このまま塗装をしても塗料をはじいてしまいます。そこでサンダーを使い表面を削り出していきます。

手作業だとなかなか辛いので、サンダーがあると便利。DIY好きな方なら大活躍間違いなしです。

 

天板の表面を削り出す

 

天然の一枚板ではなく合板ですので、削っても綺麗に木目が出ることはありません。小学校〜中学校の机みたいなもんです。
私はこのムラ感を出したかったのであえてこの程度で済ませていますが、失敗したくない方はさらに削る or そもそも削らない方がいいかなと思います。

 

オイルステインとワックスでカラー変更

 

天板をオイルステインで塗装

 

削り出したら塗装していきます。
ワトコオイルと迷いましたが今回は残っていたオイルステインを使用。塗装の時は養生用のプラダン(プラスチックダンボールのシート)を敷いて。

どちらも使い方はほとんど変わりません。刷毛で塗っていきますが、シンナー臭がキツイので部屋の中で使うときは十分に換気してくださいね。

 

塗装したら乾かす

 

乾くのを待って、色が定着したら目の細かいサンドペーパーで表面を撫でてあげると余分な塗料が剥がれて雰囲気が出てきます。
最後にワックスを使って仕上げの工程。

 

 

ヴィンテージ感を出したい方はアンティークワックスがおすすめ。スチールウールを使って擦り込んで行きます。
この工程が私は好きなんですが、ここまでしなくてもオイルステインだけでそこそこ雰囲気は出ますので、面倒に感じる方はしなくてもいいかな。

 

【DIY】IKEA越え?キャスター付きキッチンワゴンをデスクに配置で理想の作業環境が完成【PR】

 

これが完成系。
好き嫌いが分かれると思いますが、私個人としてはこの古ぼけた感じが気に入っています。DIYの中でも塗装は面倒な工程ですが、今あるインテリアや家具類を買い替えずにリメイクするにはお金も節約できますしおすすめ。

まとまった時間が取れた日にはコーヒー片手に作業をしてはいかがでしょうか。

 

【使用例】PCデスク周りに配置で理想の作業環境を実現

 

 

カウンター自作して確保している私の作業スペース。
このブログの運営を始め、他のメディアの製作・記事執筆依頼・ホームページ制作依頼といった仕事を請け負っています。その作業のほとんどを自宅でこなすので、このスペースは私だけの特別な空間と言えますね。そこに感じていた物足りなさを、キッチンワゴンを配置することで埋めることができました。

 

 

まだ適当にモノを放り込んだ段階ですが、溜まったタスクや作業に使うツールを手の届く位置に置くことで今後の作業が捗りそうです。

 

多用途で一気に雰囲気を変えるキッチンワゴンはモダンデコがおすすめ

 

 

キッチン周りだけでなく様々な用途が広がるキッチンワゴン。

  • キッチンの小物収納
  • 衣類の収納スペース
  • 小物の収納やインテリアとして
  • 植物を置く移動ラックとして

IKEAのワゴンが人気を集めていますが、今回紹介したモダンデコのキッチンワゴンは多機能で価格もキャッチーですし、完全にIKEAを超えていると思います。
使い方を考えるだけでワクワクするこちらのキッチンワゴンは楽天での通販を始めAmazonでも販売中。どうぞご贔屓に!

-DIY / インテリア / 家電

© 2020 GOOFAM Powered by AFFINGER5