オリーブの育て方や特徴|観葉植物としての魅力と健康や美容効果を紹介

更新日:

 

オリーブとは?

イタリアンを始め料理に欠かせないオリーブは、果肉は食用として、抽出したオイルも調理用に使われ幅広い用途で私たちの生活に関わっています。
そんなオリーブ、実は食べるだけでなく観葉植物としても魅力的で非常に人気があります。
今回はオリーブの特徴や育て方を学んでいきましょう。

ぐー
食用としてだけじゃないの?
のっち
ええ、観賞用としても人気が高い植物なの♪

 

オリーブの基礎知識

 

オリーブはどんな植物?

 

科名:モクセイ科

学名:Olea europaea

原産地:地中海地方、北アフリカ、西アジア

 

オリーブは常緑樹の植物で、年間を通して緑を楽しむことができます。
様々な地方に500種ほどの種類があると言われていますが、やっぱりイメージは地中海のサンサンと輝く太陽の下で青々としたオリーブではないでしょうか?
ヨーロッパの各国では生活に欠かすことのできない植物。
オリーブの恵みは常に私たちの生活を豊かにしてくれます。

開花時期は初夏〜

秋に実をつける

深い緑で特徴的な美しい葉

挿し木で増やせる

単一では実をつけにくい

このような特徴があります。
鉢植えとして育てることもできますし、地植えしてシンボルツリーとして愛でることもできますよ!

 

オリーブの育て方

 

 

オリーブは温暖な気候の地域に自生するため、乾燥には強く比較的管理しやすい植物です。
健康に育てるためには日当たりと風が重要になるので、室内で管理する場合には置き場所を考慮したり、たまに外に出して日光や風に当ててあげるといいでしょう。
耐陰性があまりないため、日光不足は葉が落ちたり枯れてしまったりという原因に直結するので注意が必要!

水やりに関しては乾燥に強いので頻繁に与える必要はなく、用土が乾いたら鉢そこから水が流れるまでたっぷりと与えるというサイクルで問題ありません。

また、夏場は強いのですが冬の寒さには弱いので、鉢で管理する場合は冬場は室内に入れてあげると管理しやすくなります。
ただし1〜2月頃に10度以下の気温にさらされることで花芽を出すので、極端なマイナス温度などにならなければ室外での管理はもちろん可能です。
その辺りはお住いの環境に大きく左右されるところですね。

ポイント!

日光に十分当てること

水は与えすぎず、用土が乾いたらたっぷりと

風あたりにも注意して管理

 

オリーブの植え替え時期・用土・肥料は?

 

オリーブは成長が早く、植え替えをしないと根が詰まりすぎる恐れがあります。
大きい鉢ならば頻繁な植え替えは必要ありませんが、基本的に年一回株が安定する春先などに行うのがベスト。
初夏から秋口は開花と結実で生育する時期で、冬場は寒さが苦手なため、緩慢になる時期。
暖かくなってきた3~5月頃が最も適した時期と言えます。

用土に関しては観葉植物用の万能用土で構いませんが、赤玉土や腐葉土などをブレンドしても使えます。
ただし、多肉用土などの水はけが良すぎるものは保水性・保肥性にかけるので向きません。

肥料に関しては緩効性肥料を植え替え時期に与えたり、用土の上に置き肥を与えるように。
成長が活発になる5月頃は即効性のある液体肥料を与えると効果大です。

ポイント!

植え替えは年1、春先(3〜5月を目安に)

用土は観葉植物の土でO.K.

肥料は植え替え時期に緩効性肥料

成育期は液肥を使うと効果的

ぐー
管理場所にさえ気をつければ難しくなさそうだね!
のっち
日当たりの確保は十分にね♪

 

オリーブを結実させるには?

 

オリーブが開花する時期は初夏です。
品種にもよりますが、5月半ば〜くらいが多く、花芽がつくのはその前の1〜2月。
単一ではなく、もう一本別のオリーブの木を近くに置くことで結実します。

ですので、この花芽〜開花の時期が同じ期間のものが近くにあることで結実しやすくなります。

ポイント!

二種以上で結実

開花時期が近いものを

雨は避け、受粉しやすいように

 

オリーブの購入場所は?

 

オリーブは大きな園芸店やホームセンターで購入することができます。
小さな苗なら比較的簡単に購入できますが、大きめのものになると配送できるネットサービスの方が有利でしょう。
専門店ならではの行届いた管理で安心して購入できます。

 

 

オリーブの豆知識・様々な効果

 

平和の象徴

 

オリーブは紀元前から人間に親しまれてきた植物で、「太陽の樹」とも呼ばれます。
旧約聖書や数々の神話にも登場するのですが、平和の象徴としても親しまれているんです。

"ノアの方舟(はこぶね)"の神話をご存知ですか?

人々の愚かさに怒った神が、世界を大洪水により滅ぼしたとされる伝説。
神の言いつけにより方舟を作り、ともに乗った動物とともにその難を乗り越え唯一残った人間ノア。
そのノアが外の様子をうかがい知るために、方舟の外に放った鳩がくわえて戻ってきた枝こそオリーブの枝でした。
これにより洪水が治ったことを知ったノアは再び外へと出ます。

この物語から、オリーブは平和の象徴とされるようになったそうです。
現在では平和のシンボルとして国連のマークになっています。

 

国連のシンボルにオリーブが

 

 

食料品として健康面でも効果的

 

オリーブは健康にもいいとされる植物で、その成分は常に研究され役立てられてきました。

オリーブオイルにはオレイン酸という成分が多く含まれており、悪玉コレステロールを減らし、血管を良くし動脈硬化などの生活習慣病の予防に効果があるとされています。
また、オレオカンタールというエクストラヴァージンオリーブオイルにのみ含まれる成分も。
これは抗酸化作用・抗炎症作用に大きな期待が持てるため、アンチエイジングに効果的

ただし、市販されているエクストラヴァージンオリーブオイルの一部は、エクストラを謳いながら成分に誤りがあるものも含まれているそうで、ただのピュアオリーブオイルだとオレオカンタールは含まれません。

オリーブオイルの健康効果

  • 生活習慣病予防対策に
  • 抗酸化作用・抗炎症作用でアンチエイジングに効果大

エクストラヴァージンオリーブオイルは、市販のもので本物を見極めるのが難しいとされるため、専門的に販売されているものが安心です。

 

オリーブの美容効果

 

オリーブオイルは、美容効果も高いとされています。
先述したオレオカンタールの効果もですが、直接塗ることで乾燥肌や手荒れ対策などへも使用可能。
日焼け止めととしての効果もあります。

イタリアでは手に塗ることも一般家庭に浸透しているのだとか。

また、髪に塗ることでトリートメント効果もあります。
肌に良い=頭皮に優しいということで抜け毛予防にも期待が持てるという・・・非の打ち所がない万能さ!

こういった効果から美容液用のオリーブオイルも人気を集めていますね。

[

ぐー
観葉植物としても魅力的でさらにはこんな効果が・・・?
のっち
ちょっと、オリーブ農家になりなさいよ!
ぐー
えぇっ!?

 

まとめ:オリーブは生活に欠かせない植物

 

オリーブはただの食用の植物ではありません。
観賞用としても美しく、私たちの健康や美容にとっても効果があり、生活に欠かせない存在ですね。
紀元前から愛され続けるオリーブ。

観葉植物として

身体の健康のために

美しく若く、美容のために

今後も生活の一部として付き合っていきましょう!

ぐー
オリーブってすごいなぁ!
のっち
何気なく使っていたけど、素敵な植物だったわね♡

-植物図鑑・育成知識
-, ,

Copyright© , 2018 All Rights Reserved.