育てた植物を増やそう!色々な増やし方〜挿し木編〜

更新日:

 

 

photo by バラを楽しむオトメンパパの栽培日記

 

植物は種からだけでなく実に様々な方法で個体を増やしていきます。
自宅で植物を育てていらっしゃるプラントラバーのみなさまも「育てる楽しみ」と同時に「増やす楽しみ」もあると思います。

増やしたいけど方法がわからないよ!

という方にもわかりやすいよう今回は「挿し木」について調べていきます。

ぐー
せっかく育ている植物をもっと増やしたい方は挑戦してみよう!
のっち
種から増えるだけじゃないのね♪

 

 

スポンサーリンク

 

挿し木とは?

 

植物の増やし方として用いられる「挿し木」ですが、簡単にいうと増やしたい植物の枝を土に差し、そこから根を出してもらうという方法です。
種から増やすことが難しい植物を増やしたり、徒長して切り戻したものをそのまま増やしたりすることができます。
元になった親と同じ性質を持つ個体ができます。

 

挿し木の方法

 

①まずは親となる個体から若い枝を切り取ります。
剪定バサミや切れ味のいいナイフなどで綺麗にカットしてあげます。その際長さは8~10センチほど取ってあげましょう。

②下部(埋める側)の葉はカットしておきます。
余計な葉を取っておくことで根の成長を妨げないようにするためです。

カットした枝の注意点

カットして挿し木する枝(さし穂)は、水につける必要があるものと、切り口を乾燥させた方が良いものがあります。大半が水につけて水揚げさせますが、サンシモンなどの多肉植物は違います。数日〜数週間乾燥させて発根を確認してから用土に差すものがありますので、自分が増やしたいものがどちらなのかあらかじめ確認した上でおこなってください。

③準備した用土に植え込みます。
なるべく新しい雑菌がいないものを用意してあげると失敗が減ります。

④水をやります。倒れてしまわないようにしっかりと差しておくようにしましょう。
足りなければ土を足してしっかり固定してあげてください。
根がまだ発達していないため非常に不安定です。

 

挿し木は初心者でも挑戦しやすい。

 

挿し木は比較的容易にできる増やし方です。他には多肉植物を増やす際に行う「挿し芽」などの増やし方があるのですが難易度が上がります。

また、冒頭でも触れましたが、挿し木の場合「親の一部を使って」増やすため、全く同じ特徴を持ったまま増やすことが可能です。形までは同じものとはいきませんが全く同じ色形をした花を咲かせますし、増やした個体を分けてあげることもできます。徒長してしまった植物はぜひ挿し木をして親を綺麗に保ちながら新しい子を増やしてあげてください。

 

挿し木で増やせる植物たち

 

ここで挿し木で増やせる植物をずらずら〜と紹介していきます。

イチジク・ブルーベリー・バラ・ツツジ・紫陽花(アジサイ)・椿・菊・ラベンダー・パイナップル・カエデ・サツキ・カマツカ・トキワサンザシ・マーガレット・ペチュニア・ドラセナ・パキラ・ポトス・バジル・ミント・ローズマリーなどなど

きりがないくらい豊富にあります。

 

挿し木に使える便利グッズ

 

  • 発根促進剤

切り口から根が映えるまでを手助けしてくれるのがこの発根促進剤。
絶対必要というわけではありませんが、使用すると成功率も上がり、根の成長を促してくれるため植物にも優しいです。
いくつか種類がありますが価格帯も幅広いです。オキシベロンは有名で使用者も多い印象。以下参考までにどうぞ。

 

 

  • 剪定バサミ

切り口は綺麗に仕上げなければダメージを与えてしまいます。
潰してしまうと水の吸い上げも悪くなってしまいますし、失敗の原因になりますしね。
一本持っていれば切り戻しの時にも使えますし、気分も上がります。

 

 

増やした植物を販売してみよう

 

増やしていくと、今度は逆に管理が大変になってくる場合があります。
そんな時は「植物を販売する」という方法もありますね。

簡単に出品できるフリマアプリなどで気軽に販売することができますので、大切に育てた植物を欲しい方に譲るのも1つの手段。

ちなみに、園芸店で売られている格安の小さい株などは挿し木で増やしたものやカキ仔の場合がほとんど。
実生株は価格が高い傾向にあります。

 

まとめ

 

挿し木は気軽に挑戦できる増やし方です。
また、切り戻した際に出た枝なんかを使えば親株にはダメージもありません。ぜひあなたも「挿し木」をしてお気に入りの植物を増やしてみてください。

-植物図鑑・育成知識
-, ,

Copyright© , 2018 All Rights Reserved.