植物の通販に使える配送方法は?第4種郵便は知らないと損をする

更新日:

 

 

あらゆるものが通販で買える時代です。

植物においても同様で、オークションやフリマアプリなどで中々手に入らないような希少種や、自宅近くで売っていない植物を購入することができます。また、海外から個人輸入をする人も増えていますね。

ではその植物(種子・苗含む)はどのように配送されるのでしょうか。送り手としても貰い手としても知っておいて損のない知識を勉強しましょう。

 

 

 

第4種郵便とは?

 

第4種郵便とは日本郵便株式会社様が取り扱う郵便の種類で、「教育学術や福祉向上等のために特に低料金とされた郵便物」とされています。簡単に言うと街の郵便局で、ある特定のものを安く送れるよ!と言うことです。詳しい種類は省きますがその中に植物が含まれます

 植物種子等郵便物

植物種子、苗、苗木、茎もしくは根で栽植の用に供するものなどを内容とするものです。

 

この方法を用いることで植物の配送が低料金で可能になります。

 

第4種郵便で配送可能なサイズ

 

厚紙または耐久力のある紙、または布で6cm×12cm以上のあて名札を付ければ、【最小】の1及び2より小さくてもいい([特例])。     ▼長さ(最長辺)=60cmまで/長さ+幅+高さ=90cmまで
重さは1kg(3kg)まで

 

この第4種郵便は郵便局の窓口からの発送となり、配送前に郵便局員さんに中身を確認してもらう必要があります。手間を省くため、一部開けておくと楽です。確認してもらってから最終梱包しましょう。

 

配送料金目安

 

植物種子等郵便物 50g以内 72
75g以内 110
100g以内 130
150g以内 170
200g以内 210
300g以内 240
400g以内 280
さらに100gごとに
(上限1kg以内)
+51

 

引用元:日本郵便株式会社様

このサイズで送ることが可能な場合、かなり低価格で抑えることができます。

 

種子配送に適する理由

 

この第4種郵便を用いて送られるものの代表が「植物の種子」です。でも種子程度ならば通常の郵便でいいのでは?と思われるかもしれません。

でも実はこの特殊な発送方法を用いるには理由があります。それは仕分け作業の際に手作業で仕分けるためです。

通常の郵便物であれば機械を通して仕分け作業が行われるのですが、その際に種子を潰してしまったりとダメになる恐れがあります。そういったリスク回避のためにこの第4種郵便が使われるのです。なるほどですね。

 

まとめ

 

いかがでしたか?この第4種郵便は知っておくとお得に通販を使えるツールになり得ます。昨今フリマアプリなども増え、個人が気軽に販売可能な世の中になりました。増えすぎた植物や、管理が難しくなった植物を、新しい貰い手に引き取ってもらうこともできるのです。

売り手・買い手双方にとって有効な手段となるこの第4種郵便をぜひ活用してくださいね。

こちらの記事は日本郵便株式会社のサイトを参考・引用させていただき作成しております。詳しい内容はぜひホームページでもご確認くださいませ。

-植物関連アイテム
-, ,

Copyright© , 2018 All Rights Reserved.