アパレル辞めたい|真の解決法はたった1つ!アパレルを辞めて年収アップの転職術

【アパレル辞めたい】激務に低賃金・販売員が将来不安になる理由と解決方法は?

 

アパレル業界に勤めていると大好きな服に囲まれ楽しいこともたくさんありますが、不意に強烈な不安に襲われることがあります。当然モチベーションの上下もあるとは思いますが、それ以上にもっと根本的な部分に不安を感じるんですよね。

「アパレル販売員を辞めたい」

現在は異業種へ転職しましたが、私も10年近くアパレル業界に身を置いてきたためその気持ちは痛いほどわかります。
次にやりたい仕事があるわけではないし、どうすればいいかわからないという漠然とした状態が続くと、仕事に集中できず今後の未来がイメージできないフワフワ・モヤモヤと心の中の不安は大きくなるばかり。

まずは今抱えている不安や悩み・不満点を洗い出し、アパレルを辞めたい理由をクリアにして解決方法を探ってみましょう。
結論からいうとアパレルを続ける上で最大の不安は年収の低さだと断言できます。極端な話、体力的なキツさや精神的なキツさも仮に年収が1000万あれば全く問題ないはずです。

アパレルを続けるor続けないにしても、年収を確実にあげていけば悩みの9割は解決すると言っても過言ではありません。

【筆者実用済】おすすめ転職エージェント

アパレルからアパレル➡︎クリーデンス > 公式HPはこちら

アパレルから異業種➡︎リクルートエージェント >公式HPはこちら

どちらにも対応➡︎ビズリーチ >公式HPはこちら

筆者が30代でアパレルから転職し、年収大幅アップに成功した実体験の記事はこちら

アパレル販売員が使うべき転職エージェント

アパレルを辞めたくなる理由や将来への不安

アパレル辞めたい理由

 

なぜアパレルの仕事を辞めたいのか。
今の店を辞めたいだけ?それともアパレルそのものを辞めたい?
あなたが抱える不安は、本当にアパレルを辞めて異業種に挑戦することで解消されるの?

私も同じように悩み葛藤してきました。アパレルを辞めたくなる主な理由ってこういった内容だと思います。

アパレルを辞めたい理由

年収が上がらない

不規則な時間・休日

体力的な辛さ

将来のビジョンが見えない

今のブランドが好きじゃなくなった

人間関係がツラい

接客に疲れた

セールやフェアがキツい

リストアップするだけでも滅入ってしまいそうですね。でもその不安や葛藤をもっと深掘りしていきましょう。やるべきことがどんどん明白になってきます。

 

アパレル販売員のままでは年収が上がらない・先が見えている

 

私はセレクトショップに勤めており、"服屋あるある"で横の繋がりが多いため、だいたいメジャーどころの大手セレクトショップやグループの一般的な年収は耳に入ってきます。あまり大声では言えませんので伏せますが

U社 / Bグループ / B社 / S社 / Oグループ / T社 / J社 など

これらの企業はだいたい横並びの年収で(もちろんその中でも差はありますが)、平均するとこんな感じ。

セレクトショップの平均年収

一般正社員・・・400万円

店長クラス・・・500万円

成績などによって上下しますが、リアルな年収はこれぐらいです。また、企業によっては同じブランドでもフランチャイズの店舗があり、直営と比べると給料がガクッと下がります。

これがセレクトショップの現実。さらに若年層向けのファストブランドなどは店長クラスでも上記した年収に届かない企業が多いのが現状です。そう考えるとさらにその上のマネージャー職・営業管理・商品開発・本社内勤などステージを変えていかなければなりません。もしくは販売成績が給与にダイレクトに反映されるショップで圧倒的な売り上げを作り、インセンティブを得るかの二択です。

独り身であれば問題ないでしょうが、この先結婚して子供を持って・・・となると流石に厳しさも感じますし、天井が見えている時点で先のビジョンが見えず夢がないと感じてしまうのも頷けます。

もし給与面に大きな不安を抱えているなら、真剣に転職を考えるべきです。転職によるポジションアップや待遇アップはアパレル業界ではよくあることです。異業種に行っても年収ベースで探せばいくらでも高給の仕事は存在しますし、私も10年近く販売員として従事しましたが、アパレルから異業種への転職で年収の大幅アップに成功しました。

【実体験】アパレル販売員が年収を上げる方法はたった3つ!転職で年収アップの実例を公開
【実体験】アパレル販売員が年収を上げる方法はたった3つ!転職で年収アップの実例を公開

  アパレル業界で働いていると体力的なキツさや金銭的な問題で、副業を始めたり転職を考える人は非常に多いです。いくらこの世界が好きでも、これからもっと厳しくなっていくであろうアパレル業界に止ま ...

続きを見る

アパレル販売員としての年収に不安を感じる方は私の実体験を参考にしてください。

 

アパレル販売員の不規則な勤務時間・休日

 

おそらくほとんどのショップがシフト制の早番・遅番・中番のような出勤区分になっているのではないでしょうか?

そして早番スタッフはなんだかんだで通しになったり、長時間残業を強いられているところも多いと思います。
一見すると「2日出勤して休み・3勤してまた休み」といった楽そうなシフトでも、サイクルが不規則になるため疲れが残りやすくなります。これが身体的なツラさという悩みにも直結してくるんですよね。

飲み会があるけど次の日早番とか普通に考えてキツくないですか?

 

職場の人間関係がツラい・接客がイヤになった

 

今まで何度もこういった方達を見てきました。
良くも悪くも、華やかな見た目と裏腹に体育会系が多いアパレル業界。当然のように上下関係が厳しいところも店舗によっては多いですし、そもそも会社の体質がガチガチな企業も数多く存在します。

それだけならまだしも、働いているショップの客層が低レベルだとわけのわかんないクレーマーが頻繁にきたり、返品・交換や過剰サービスを求めてきたりと日々神経をすり減らされますよね。

私もとんでもないクレーマーに出くわしたことが何度もありますし、理不尽な人って少なからず存在します。

上司・同僚とソリが合わない

社内の派閥がめんどくさい

女ばかりのドロッとした空気

会社の体質

理不尽なお客様

恋愛関係のもつれ

経験上、こういった人間関係に嫌気がさしてしまったら、気持ちが戻ることはほぼありません。

やる気・モチベーションは下がる一方で仕事も楽しくなくなりダラダラ過ごすか結局辞めてしまうだけ。
もしあなたがそういった節があるのなら、すぐに気持ちを切り替えて転職活動という次のステップへ踏み切った方がいいと思います。

 

ブランドが好きじゃなくなった・セールがキツい

 

年齢の変化によってこの問題も非常に大きくのしかかってきます。

アパレル業界にいると、ファッションに関するアンテナや感度は自ずと洗練されていきます。その中で自分の好みも確実に変わってきますし、好みが変化するのは当然の話。

中には毎度セールやフェアで安売りばかりのブランドに辟易しているという方もいるでしょう。
ファッション業界が好きで、もっと自分が好きなブランドで安売りせずに誇りを持って店頭に立ちたい!という気持ちが湧くのは至極当然だと思います。

私もそのクチですからね。

 

仕事を辞めることへの不安や恐怖

 

アパレルの仕事を辞める不安

 

本気でアパレルを辞めたいと思いいざ仕事を辞めようと思っても、辞めることに対する不安や恐怖はさらに大きいです。実際に行動を起こす前の私はそう感じていました。

でもその不安を取り除くことで、あなたの世界は雲の切れ間から差し込む光のように、パッと明るく広がります。

 

アパレルからアパレルへの転職に対する不安

 

まず頭をよぎるのは、別のブランド・ショップに転職するということじゃないでしょうか。
アパレルへの転職なら今までの経験や知識がダイレクトに発揮できますし、好きな洋服の仕事は続けられます。しかしまた同じことの繰り返しになるんじゃ・・・という不安もよぎります。この不安は転職活動を明確な目標や基準を持って行えばすべて解決しますよ。

  • 確実に年収アップさせる
  • 残業が少ない企業に行く
  • セレクトショップで働く
  • ハイブランドを目指す
  • 同性だけの職場は避ける

今の状況を変えるためのアパレルからアパレルへの転職はきっと成功します。妥協せずに、信念を持って転職できればあなたの悩みはすんなり解決します。

 

アパレルを辞めたいけど次にしたい仕事がない

 

次の転職はアパレル以外がいい。

仮に業界自体から身を引くことを決めても次に何がしたいか決まっていないという方もいます。時間をかけてやりたい仕事を探して行くのがベストかもしれませんが、すでに「辞めたい」という意思が固まっているならばそうも言ってられません。

世の中には楽しい仕事もたくさんありますし、あなたの経験が活かせる色も数多く存在します。後から説明する転職エージェントはあなたの知らない有益な情報をたくさん持っており、あなたの希望に合わせて最適な求人を案内してくれます。私の転職を後押ししてくれたのは、エージェントによるカウンセリング。今では心から感謝しています。

 

アパレル出身者が活躍できる職場があるのか不安

 

自分の経験が活かせる職業はあるのか、というのは非常に大きな不安です。
私も別の世界で通用するのか不安で仕方ありませんでした。世の中ではアパレル販売員って軽く見られがちだと思いませんか?

世間一般の人はそう思っているかもしれませんが、企業によってはアパレルでの経験を高く評価しており、ぜひ採用したいと思っているところも少なくありません。私が転職活動をする中で感じた新鮮な気づきでした。

その事実を肌で感じた私は今までの不安が一気に消えていくのを感じましたし、今まで積んできた経験や、頑張ってきたことに対する自身が湧いてきました。今まで狭い視野で考えていたことがすごいちっぽけに感じて。

 

そもそも仕事がすぐに見つかるか不安

 

今の仕事を辞めることを決めても、仕事がすぐに見つかるかな?
という不安もおおいにあるでしょう。アパレルやってて貯金をするなんてかなり難しいですし、仕事の間を開けるわけにはいきません。

かといって仕事をしながら1人で転職活動をすると、相手企業と面接を取り付けるだけでも一苦労です。というかほぼほぼ無理だと思います

そうならないためにも、在籍している間に転職エージェントというプロの力を借りて転職活動を行い、退社後にはすぐに次の職場へスムーズに出勤できる状態を作るのが理想です。思っているより簡単にその不安は解消されますよ。

 

転職エージェント|アパレルからの転職でも選択肢が広がる

 

アパレルエージェント

 

長い期間ファッション業界に勤めていた私も、今後のことをじっくり考えた上で転職することを決意しました。その未来への選択肢と勇気を与えてくれたのは私の転職活動をサポートしてくれた転職エージェントでした。

 

自分が仕事に対して重要視することを明確にする

 

まずはじめにエージェントの無料カウンセリングでやったことは自分の仕事に対する望みや重要視していることを明確にすることでした。そこにプラスして自分の経験を掘り下げていく作業を行います。いわば自分自身の棚卸しです。

私が望んたこと

  • 年収アップ
  • 実績が評価されるところへ
  • 家族との時間を取れる職場
  • ファッションに関する職
  • アパレルでの経験が活きる職

私が望んだ転職の条件がこちらです。単純に今の職場を離れるためだけ転職は絶対にしたくなくて、転職というアクションに付加価値をつけたかったんです。でもこの望みは何も間違っていませんでした。正確かつ明確に伝えることで、エージェントも理解を示しこの条件をもとに情報を提供してくれます。

「ここは社風も合いそうですよ」「ここは給料はいいですが時間的にもしんどいのでお勧めできません」などハッキリと。それも普通は開示されていない非公開案件から紹介してくれるのでより選択肢が広がりました。

転職は企業に選んでもらうのではなく、自分でいきたい場所を決めることなんだ!ということを強く実感しました。

 

アパレル経験が活かせるリアルな職業を教えてくれる

 

  • どんな企業だとアパレルでの経験が生きるのか
  • どんな企業がアパレル出身者を求めているのか
  • どんな企業で元アパレル販売員が活躍しているのか

リアルな転職成功事例も全て教えてくれました。
エージェントによっては当たり外れがあるかもしれませんが、そもそも転職エージェントは転職希望者に内定を取ってもらい入社させると報酬がもらえる仕組みです。

お互いがウィンウィンになるための必要な情報は可能なかぎり開示してくれます。

この情報が転職を希望する私に取っても非常に有益であることはいうまでもありません。このご時世に自分1人で転職活動は絶対ムリだなと痛感しました。

 

アパレル業界でポジションアップの道も見える

 

異業種への転職と同時に、アパレル業界でのポジションアップという道も提示してくれました。方法はいくつもあり

  • ハイブランドへ転職する
  • 役職で入社できる企業を探す
  • 商品開発や営業に入る

実際にこのような募集をしているブランドは数多くありました。年収に関してもベースの維持は最低条件とし、さらに前職の経験を元に年収アップ交渉に応じてくれるパターンもあります。

アパレルからアパレルの転職でも、決して条件を下げることがないよう注力してくれるため、次の職場もアパレル関係がいいという方にもぜひエージェントを有効活用してもらいたいですね。

 

アパレル業界から転職する人へおすすめのエージェント

 

アパレルから異業種転職

 

私が主に使用した転職エージェントは3社です。それぞれ使い分けを行い、目的ごとに使い分けました。

【実用済】おすすめ転職エージェント

アパレルからアパレル➡︎クリーデンス > 公式HPはこちら

アパレルから異業種➡︎DODA >公式HPはこちら

どちらにも対応➡︎ビズリーチ >公式HPはこちら

筆者が30代でアパレルから転職し、年収大幅アップに成功した実体験の記事はこちら

ちなみに転職エージェントは最初から最後まで全部無料でサービスを受けることができます。

 

【推奨】ヘッドハンティング・情報収集はビズリーチが最強

 

 

アパレルでキャリアアップをするのか異業種へ転職するのか決まっていない方は、転職準備としてビズリーチを使うことをおすすめします。その根拠は至ってシンプルで

ビズリーチがおすすめな理由

  • ヘッドハンターがキャリアに合わせてハイクラス求人を提案
  • アパレルの高年収求人や役職募集も扱っている
  • 無料で利用できる→さらにハイクラスの転職やサービスを受けたい場合は優良コースもあり(3,278円税込〜)

さらに噛み砕くと「あなたのキャリアを活かせる高年収の企業を紹介してくれる=ヘッドハンティング」ということです。
私も転職活動の最初に登録し、最後まで無料コースで利用しました。アパレル業界からの特別オファーも多く、特にハイブランドや有名ショップからの求人が多いです。即戦力になるアパレル経験者は優遇さていることがわかります。

アパレルから異業種への転職成功事例をもとに様々な業界からオファーが来ますので、情報収集から転職までスムーズに利用することが可能です。転職の準備としてぜひ利用してください。

ヘッドハンターがクローズド案件を提案

ビズリーチはこちら

※アパレル経験を活かして年収アップ

 

アパレル販売員は絶対に使うべき!アパレル専門転職エージェントのクリーデンス

 

クリーデンスはアパレル専門の特化エージェント。アパレル経験者のための転職エージェントです。

クリーデンス

即戦力を求めるアパレル経験者を探している

アパレル非公開求人・ダントツ保持

アパレル経験が生きる異業種

など我々アパレル業界人が求めるものを全て持っていると言っても過言ではありません。
非公開求人の中には「他ではこんな条件で募集してないじゃん!」といった年収提示をしている企業も。アパレル経験社が必ず登録するべき転職エージェントは間違いなくクリーデンスです。

アパレル経験者・登録必須!

詳細はこちら

※アパレル経験が活きる職探し・アパレル業界でキャリアアップを叶えるエージェント

 

イベントも多い総合転職・DODA

 

利用したきっかけは、いろんな企業がブースを出して転職希望者にアピールをする転職イベントでした。
転職業界ではビッグネームですので名前だけは知っていましたが、実際に利用したのは初めてです。実際に参加して感じたのですが、イベントの規模感が物語っているように企業とのコネクションが強いことを肌で感じましたし、大手だからこそ実現できる多くのシークレット求人を抱えていることに魅力を感じました。

実際に登録してみると、自分1人では考えつかなかったようなキャリアアップも提案してくれましたし、アパレルから異業種への転職をするにあたって情報収集の面で助けられることも多く視野が広がりました。アパレルから異業種へ転職を考えている方は絶対に利用すべき転職エージェントです。

最大手の安心感と圧倒的情報量

DODA公式サイトはこちら

※アパレルから異業種転職の情報収集はDODAでまかなえる!

 

最後に|不安を解消するのは辞める勇気と行動力!まずは自分の棚卸しを

 

アパレル辞めたいと思ったら取る行動

 

「アパレルを辞めたい」という思いが高まると同時に溢れてくる不安や焦り、様々な葛藤。まずは自分自身が抱える不安を明確にすることで、次にどのようなアクションを起こすべきかが決まってきます。

  • まだ今の会社で頑張れるのか
  • 次のステージへステップアップするか

全てはあなたの行動次第。

しかし、そのためには誰かのサポートが必要不可欠。私は実際に自分が転職活動というアクションを起こしてそのことを痛感しました。
エージェントをうまく利用することであなたの不安は解消され、視野の広がり・未来への希望はどんどん明るくなっていきます。

職を変えるという「人生の岐路」

明るい未来に手を伸ばせるかどうかはあなたの決断に委ねられています。アパレルを辞めたいと考えている今こそ、自分自身の棚卸しをするいい機会ではないでしょうか?そのためのエージェントの利用は非常に効果的で具体的な行動です。

【実用済】おすすめ転職エージェント

アパレルからアパレル➡︎クリーデンス > 公式HPはこちら

アパレルから異業種➡︎DODA >公式HPはこちら

どちらにも対応➡︎ビズリーチ >公式HPはこちら

筆者が30代でアパレルから転職し、年収大幅アップに成功した実体験の記事はこちら

GOOFAM記事下2019

-アパレル / 転職

© 2020 GOOFAM