カメラのレンズキャップ紛失を防ぐダイアグナルのキャップホルダーがシンプルで便利

更新日:

カメラのレンズキャップ紛失を防ぐ

カメラを使う時って、レンズからキャップを取り外しますよね。

そのレンズキャップどうしてます?私の場合は使用するたびに毎回ポケットに忍ばせていたんですが、うっかり落としたりどこに入れたかわからなくなったりと紛失の心配が多いことに気付きました。

いまさらかよって感じですが(笑)

そこで今回導入したのがカメラストラップでお世話になっているdiagnl(ダイアグナル)のレンズキャップホルダー。価格もめちゃくちゃ安くて地味に便利なので紹介していきます。

シンプルで洒落てますよ。

 

ミラーレスカメラのレンズキャップ紛失問題

 

ミラーレスカメラって、毎回レンズキャップをつけたり外したりちょっと面倒です。
サイズ的に小さいのでポケットに収まるのですが、そのコンパクトさが逆に不安に変わるんですよね。どこに置いたかわからなくなっちゃうんです。

おまけに妻も一緒に使用するのでいざバッグにしまう時に毎回「誰がどこにやったか」というつまらない小競り合いが発生するんですよ(笑)

もういい加減ちゃんと管理しやすいように、ということで買ったのがコレ。

使い方は簡単ですし、説明するまでもありませんがせっかくなので。使っているカメラストラップに合わせて今回もダイアグナルのアイテムをチョイス。

 

diagnl・Lens Cap Holder(ダイアグナル・レンズキャップホルダー)|レビュー

 

早速使い方やデザインなどレビューしていきます。

 

外観・サイズ感や価格帯

 

ダイアグナルのレンズキャップホルダー

ダイアグナルのレンズキャップホルダー

 

シンプルなポケットデザインになっており、ニンジャストラップと同じナイロンを使用しています。

Sサイズ レンズ口径〜58mm 1,500円+税
Mサイズ レンズ口径〜77mm 1,500円+税

ニンジャストラップ(25mm、38mm)推奨

また、豊富なカラー展開で合わせて使用したいカメラストラップにコーディネート可能。

カラー展開

Black / Orange / Blue / Camo / Red / Navy / Mesh Black / Mesh Olive

私はストラップをパープルという主張したカラーを選択したので、レンズキャップホルダーはSサイズのブラックをチョイス。結果的に非常にいいバランスで使用できています。

 

使い方・ニンジャストラップと合わせて紹介

 

使い方は至ってシンプル。
ベルクロ式なのでカメラストラップはもちろん、ウェアのベルトループやバッグにも装着可能です。

 

ダイアグナルのレンズキャップホルダー

 

好きな場所に留めるだけ。使いやすい位置にスライドさせて場所を決めるといいかなと。

 

ダイアグナルのレンズキャップホルダー

 

どんなストラップにも幅さえ合えば装着かのですが、幅が38mmでジャストなのでこれ以上太いベルトにはアンバランスですね。

やはり同ブランドで揃えるとバランスがいいです。合わせてどうぞ。

>>カメラストラップ|Diagnl(ダイアグナル)が出すストリート感がおしゃれを演出【レビュー】

 

ダイアグナルのレンズキャップホルダー

 

素材も違和感なくハマりますので全体に統一感が生まれました。ちょっとしたアイテムなんですがより一層愛着が湧いてきます。

 

ダイアグナルのレンズキャップホルダー

 

サイズも2種類用意されていますので、ご自身のレンズキャップに合わせて選んでください。

 

レンズキャップはなくすと困るし高くつく

 

おしゃれなレンズキャップカバー

 

レンズの保護にあたりレンズキャップは必須です。紛失した場合、即購入というのが妥当でしょう。
とはいえ、わざわざ買い直すとなればレンズの種類にもよりますが1つ500〜1,000円以上と馬鹿らしい出費ですよね。

ちゃんと管理できる方はいいですが、私のようなズボラなタイプはいつ無くしてもおかしくありません。身に覚えのある方はぜひ使ってみてください、快適ですよ(笑)

お得情報

Amazonで"賢くお得に"お買い物できる裏ワザ

Amazonポイントキャッシュバッグ

Amazonギフト券チャージ毎にMAX2.5%ポイントキャッシュバック!

初回5,000円以上チャージで1,000円分キャッシュバックキャンペーン実施中(還元率20%)

20%還元キャンペーン

キャンペーンはこちら

※エントリーしてチャージするだけでOK

Pick up !!

2019最新|ファッションレンタルおすすめ徹底比較・洋服レンタルの疑問や不安点を解決 1

  人気のファッションレンタル(洋服レンタル)は上手に利用すれば年間に20万円以上(洋服代・平均金額に対して)も節約できるおしゃれの新常識。 ファッションレンタルは各社それぞれに特徴があり、 ...

メンズおすすめ香水完全版 2

  男性の身だしなみの基本は清潔感。 ファッションはだけでなく、それ以上に気を使うべきは"身に纏う香り"でしょう。 多くの女性(7割ほど)が男性のニオイに対して見た目以上に重視しています。 ...

エアクロ・エディクロ比較 3

ファッションレンタルサービスの中心的存在の2サービス・エアークローゼット(エアクロ)とエディストクローゼット(エディクロ)。 一般的に、年間30万円ほどかかっていると言われる洋服・オシャレにかける金額 ...

メンズ・サングラス|今買うべき旬なアイウェアブランド14選【2019トレンド】 4

  紫外線からの保護や、運転・アウトドア・レジャーなど様々なシーンでニーズがあるサングラス。フレームやレンズの機能も豊富です。 しかし、それ以上に最重要視すべきポイントはデザイン。 顔の形・ ...

ファブリックミストおすすめ 5

ファッション同様に気を使いたいのが匂い。纏う匂いによって他人からの印象は大きく変化します。 そこで今回は洋服へ香りをつけたいときに利用できるファブリックミストを紹介。おしゃれな人は必ずと言っていいほど ...

-カメラ / ガジェット
-,

Copyright© GOOFAM , 2019 All Rights Reserved.